2015/10/07

白石達也の白石塾の申し込みがとうとう本日23時

とうとう、本日の23時に白石塾の申し込みがスタートしますね。

前の記事で書いていたとおり、バックエンドは30万円の高額塾ですね。

でも、まあ、ここまで100%の表現で「稼がせます!」と言い切るのは

清々しく感じます。いいんですかね?

そもそも、このレターやプロダクトローンチの手法自体がファンタジーメソッドを使っていることは間違いないですね。

ステップメールで毎日のように、洗脳するかのようなメールを送りつけてきています。

白石達也の第6の動画で、少しかいま見えますが

マーケティングで代表的な手法「ベネフィット」にあたる手法を

巧みに使っていますね。

「ベネフィット」とは相手の抱えている問題に対して、解決策を提示することですが

もっと、心理的に説明します。

今回の白石達也を例に取ると、低所得者や会社を辞めたい人が抱えている問題を

浮き彫りにします。サラリーマンの平均年収が404万円といわれています。

一番多い層は年収300万円台といわれていますので

大多数の人が、該当すると思います。

その苦痛に満ちた問題を傷口をえぐるくらいの表現で書いていきます。

強烈な表現であればあるほど、良いのですが

白石達也の文面も、これでもかってくらい強烈な苦痛を引き出しています。

人は苦痛から逃れたいという心理が働きますので

その心理に対して、共感し絶大的な解決策を提示します。

共感と解決策の提示が効果的に働くのは

相手が抱えている問題を的確にとらえ、えぐればえぐるほど

効果的に働きます。

もう一度言いますが、人は苦痛から逃れたいという心理が働くからです。

白石達也のレターや動画、ステップメールはこれに徹しています。

ひたすら、これの繰り返しです。

しかも、コメント欄を使って読者に行動させています。

実際、どれだけの人がコメント欄にコメントをしているのかわかりませんが

自作自演かもしれませんが、つられてコメントしている人もいるでしょう。

そして、ベネフィットを効果的に使いながら

読者に何かしらの行動をさせることは、ダイレクトレスポンスマーケティングの手法です。

一般的なマーケティングは、どうやって商品を伝えるかにつきますが、

ダイレクトレスポンスマーケティングは、読者にどうやって行動を起こさせるかにつきます。

どうやったら、ステップメールを読んでくれるのか?

どうやったら、読んだ後にサイトを閲覧してくれるのか

どうやったら、サイトを読んだ後に商品を欲しいと思うのか

どうやったら、購入ボタンを押してくれるのか?

そうやって、最終的に購入ボタンを押させるように導くのが

ダイレクトレスポンスマーケティングの手法です。

なので、メールを読ませる、サイトにアクセスさせる

サイトにコメントを書かせる、そうやって読者に行動させて

どんどん、巻き込んでいくのです。

読めば読むほど、行動すればするほど、ハマっていくのです。

これをファンタジーメソッドと呼んでいるのかもしれませんね。

それ以外にも、いろんな手法を取り入れていますね。

こういった、広告手法やダイレクトレスポンスマーケティングの手法は

海外で確立されており、先進国はアメリカです。

そういったマーケティングの手法を白石達也は研究し、独自のノウハウと

この情報商材の業界でスキルや人脈をつかって、

一財産築いたわけですね。

なので、白石達也は努力家で日本では最先端のマーケティングスキルをもっていると言ってもいいでしょう。

彼のスキルと、高額塾とは別の話で

高額塾に入ったからといって、あなたも同じようにできるかどうかはわかりません。

すばらしい教材を用意してもらったとしても、あなたがそれを吸収し実行に移して

自分のものにできるかどうかは、あなた次第です。

もし、自分にあわなかったら30万円という高額なお金はパーとなります。

こういった、ダイレクトレスポンスマーケティングや最先端の広告手法というのは

本屋さんにも売ってますし、努力するのに変わりないのなら

まず、自分で本を手にして読んで実行に移してみるのも手だと思います。

それで、自分に向いているのか、自分でできるのか判断してからでも遅くはないです。


海外では普通に行われている販売方法です。

プロダクトローンチと呼ばれる手法です。

ジェフウォーカーという人があみ出した手法です。

最近ビジネス書籍として販売されています。

合う合わないを知りたい方は

この書籍を読んで、自分でできるかどうかその目で確かめてください。

30万円を無駄にするか、3700円を無駄にするか

考えればわかることです。



ザ・ローンチ
著者: ジェフ・ウォーカー
価格:3700円


プロダクトローンチと名付けられたwebでの販売手法です。

ジェフ・ウォーカーがこの手法を編み出すまでの経緯やその方法が

ストーリー仕立てで読みやすいです。

マーケティングの勉強にもなりますので

買って損する事はないでしょう。


実は、、

白石さんのことを調べるために、いろいろ検索をしていたら

すごい物がヒットしました!!

これは一般公開するつもりのない物だと思います。

Googleの検索エンジのパワーはおそるべし!

そこには、白石さんが次に仕掛ける商材の構想がかかれてありました。

彼にとっての本当の意味での白石塾とは?

今、現在もとあるキーワードで検索をかけると

普通にヒットします。

そのキーワード教えます。

こちらからどうぞ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。